Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋港へ

日曜日に 名古屋港 ガーデン埠頭へ 行って来ました。


駐車場から歩いていると 横に見えるのが「名古屋港 イタリア村」
建築基準法違反が発覚して 営業停止の後 会社が倒産してしまったトコロ、、、
自衛艦 006
この階段橋の下は運河になっていて ゴンドラが行きかっていたのに・・・

寂しいですね。




本日は これが目的!
自衛艦 008

あまり 船を近くで見ることって無いから その大きさにビックリ!
最初は 不細工なねずみ色のビルが建ったのかと 思っちゃいました(笑)



まずは この二隻
手前のオレンジ色の船体は 砕氷船(南極観測船)「しらせ」
ネズミ色の船体は 掃海母艦「うらが」  機雷の撤去・敷設をします。
自衛艦 104

ほぼ 同じ大きさの船ですが このお尻の形に 設計思想があらわれていますね。

両船とも 海面(流氷)近くで作業をする必要がある船なので
後部のデッキは できるだけ低くしてあります。
また 「しらせ」は 氷を割る為に 海面近くの鉄板が厚くなっていますし
「うらが」は 小型船を収容する為に フェリーのようにドアが付いています。
また 最近の戦闘艦は レーダー波を1方向だけに反射させる為に 直線的な形状です。


歴代砕氷船の模型です。

大型化されていますが、「ふじ」以後も 4期のクレーンの位置などは 全く同じですね。

ただ 「ふじ」と「旧しらせ」にある 白く丸いレーダー・ドームがなくなりましたね
富士山測候所の レーダー・ドームが無くなったように デジタル化の影響でしょう。
自衛艦 037

建造後1年なので とても綺麗な船です。
自衛艦 014

客船以外の船の階段は とても急です。  ハシゴと言っても良いくらい・・・
決して ミニスカートでは行かない方が良いと思います。
・・・ちなみに この彼女はピンクでした・・・(爆)


いやぁ~~~   船を見るって 楽しいね!


限定された目的を遂行する為だけに 存在価値がある道具。
全てが 合理的に でも美しく出来ています。
自衛艦 028

無骨といえば無骨!
必要性からだけに 決められたフォルム
自衛艦 030



これも 客船などの民間船には 絶対無い部屋

攻撃から自分を守る 外部の鉄板は 思ったよりは薄いです。
この1.5mほどの部屋全体が 防弾性を確保し 二重の壁の内部の破壊を防ぎます。
自衛艦 056




イージス艦 「こんごう」
自衛艦 125

左右にある6角形の平ぺったいのが SPY-1Dレーダー

上空も含んで全方位に有効で 500Km以内の200以上の目標物を識別し
北朝鮮が発射して 日本上空を横切り 太平洋に落ちたミサイルも これで捕捉しました。


手前のハッチには 垂直発射の巡航ミサイルが入っています。
名古屋から 東京の皆様のお宅に 約800Kgの爆薬をお届けできます。
速さと正確さでは 宅配ピザ屋さんより 信用できますよ!



127mm主砲
自衛艦 127

1分間に40発を全自動で発射し
マンガの「みらい」によれば 3km以内のプロペラ飛行機を 全部 落とせます。



甲板から 6階建ての最上階のある操舵室に 入れました。

艦長さんも忙しそうです。  胸の略章もたくさんですね。
自衛艦 151


1番右側の赤いイスが艦長専用のイスです。 全ての船は 運転手は右側です。
   (宇宙戦艦ヤマトは 中央の後ろに艦長席がありますが・・・)

だから 岸壁に接岸するのは 必ず右舷(英語ではポート・サイド)なんです。
ちなみに左舷はスターボード・サイド(星の板側)と いいます。 
自衛艦 073


この船はスクリューが2コある(二軸推進)なので アクセル・レバーも2本ありますね。
自衛艦 154

この船にとって とても重要な部屋ですが

最も重要なのが総合戦闘指揮所(CIC)と呼ばれる部屋です。
全部の火器を管理し 30隻にもなる全ての船の指揮をする部屋は
機密事項で 何処なのかさえ 公開されていません。



「こんごう」の操舵室(艦橋)からの景色
海面から10階くらいの高さだから 見晴らしがいいですね。


中央の「ポートビル」の奥が 名古屋港水族館。
右側のオレンジ色が 三代目砕氷船「ふじ」
  ・・・後から知ったのですが 今年は「南極観測100年」だそうです。

あっ 「ふじ」の前には タローとジローの 銅像がありますよ~(笑)
自衛艦 168




長い日記でゴメンナサイ

最後の一行だけの犬ブログ。 それ以外は 嫌いな人もおみえでしょうからスルーしてください。
                 ↑ ↑ ↑ 最後に書くな!(爆)
スポンサーサイト

*Comment

やっぱり・・ 

やっぱり都会は、規模が違いますね~。

こちらでも、見学できる機会がないことはないけど・・・1艘やって来ると大騒ぎです。

でも、軍艦(?)にサンダル履き屋、ミニスカートで乗れる、いい時代ですね。

赤い船長専用椅子は、座れました?座ってみたいな~!
  • posted by ヒメ 
  • URL 
  • 2010.08/28 13:43分 
  • [Edit]

ヒメsanへ 

あれ? そちらには本拠地が近いから
見慣れているかと思いましたよ。

この手の情報は 港のHPでは あまり出ません。
むしろ 自衛隊の基地のHPの方が詳しく出ますから 
そちらをチェックした方が 解ると思いますよ!
基本的には 全国を均等に回っているそうですからね。

戦艦っていうと アレルギー反応する人が多いけど
イージス艦は、機械と考えれば 最先端の電子技術だし
少人数で動かす為には 最高のロボット技術です。
これが 真近で見れるのは 平和な世界のお陰ですね。

船長用のイスは 子供に占領されていました、、、
左側に 指令長官用のイスには座ってきましたよ!
操船は船長ですが 作戦行動の最高責任者は
長官ですから むしろ そっちの方がエライのです。
  • posted by 胡桃ママのおっと 
  • URL 
  • 2010.08/29 18:08分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

来訪者カウンター

いつもありがとうございます。

ご案内

胡桃ママのおっと

Author:胡桃ママのおっと
愛知県春日井市に在住

詳しくはLOVEARTHに・・・

下のリンクから、どうぞ!



ブログ内検索

フリーエリア

愛読ブログ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。